U300 レーザーマーカ

簡単なレーザーマーキング

[Translate to ja | japanese (generic):]
加工エリア 最大 190 x 190 mm
本体サイズ W 571 x D 851 x H 653 mm
レーザー出力 20 W
レーザーの種類 ファイバーレーザー

金属やプラスチックへのデータマトリクスコードやシリアル番号の不滅マーキングや、最小フォントを使用した個別マーキングに。マーキング面積は、最大 190 × 190 mm - 使用するレンズで変更可能。


加工できる材料

マーキング
金属
プラスチック
販促物
トロフィー

R500の製品ビデオを観る

単品部品からバッチまで

U シリーズレーザーマーカーを使用すると、単品部品に加えて小規模または中規模のバッチにも素早く簡単にマーキングすることができます。Galvo Markers エングレーバーを使用すると、工場や機械組立会社が、それがたとえ手の届きづらい場所であっても、部品にマーキングし、プレートやツールに文字を打ち込むことが容易にできるようになります。

ボーダーマーキングで時間節約

U シリーズの特徴はボーダーマーキング機能です。マーキングする面を、曲面であっても、いつでも部品上に投影し、リアルタイムで配置し、必要であればマウスでクリックすることで位置を修正できます。

高品質な光学系が生み出す最上級の刻印品質

高品質レンズと優れたレーザースポットが、あなたのマーキングに完璧な結果をもたらします。極めて小さなディテールも精密にマーキングできます。研磨や深掘りといった機能によって、難度の高い材質であっても視認性を確保できます。

Ethernet を介することによる独立性とフレキシビリティ

新たに統合されたインターフェースのおかげで、レーザーを任意の Windows PC から制御できます。そのため、もはや産業用 PC の機能に縛られることがありません。電源につないでレーザーを発射するだけですので、驚くほど時間を節約できます。

最高水準の安全性

U300 はクラス 2 レーザーデスクトップワークステーションであるため、安全予防処置は不要です。U50 はレーザークラス 4 のオープンシステムであり、自由に配置できるので、より大きくかさばる部品にもマーキングできます。

      パワフルなマーキングソフトウェア

      Umark ソフトウェアを使用すると、対象物に情報を即座にマーキングすることができます。そのため、コードを生成し、データファイルやグラフィックをインポートし、テキストを作成することが可能です。このソフトウェアには材料データベースもあるので、正しいパラメータを使用して最速でマーキングを行うことができます。また、このデータベースに独自のパラメータを追加することもできます。

      レーザーソフトウェア UMark

      アクセサリー

      U300 および U50 用のアクセサリーとオプション

      要件に応じたレンズを用意

      レーザー U300 および U50 には、160 インチと 254 インチの 2 種類のレンズが装備されています。160 インチレンズは細かい部分をマーキングするためものであり、254 インチレンズは平らな材料に大きな範囲をマーキングするためのものです。

      U-50 用オプションの Z-Stand

      U50 のレーザーヘッドはオプションの Z-Stand に取り付けることができます。

      レーザーカッター 基本仕様

       U300
      F160
      U50
      F160
      加工エリア120 x 120 mm120 x 120 mm
      レーザー出力20 watts20 watts
      冷却装置自然空冷自然空冷
      最大加工速度6 m/秒6 m/秒
      レーザー安全基準レーザークラス2レーザークラス4
      本体サイズ(WxDxH)571 x 851 x 653 mm449 x 559 x 177 mm
      重量60 kg9 kg
      レーザー機器の消費電力  max. 500Wmax. 500W

      ダウンロード

      u300-marking-laser-galvo-trotec.pdf
      U300 Folderu300-marking-laser-galvo-trotec.pdf pdf
      Download

      用途の幅

      レーザーでマーキング可能なものは何ですか?

      ページをシェア
      お問い合わせ