ファブラボと学校

ファブラボと学校

レイジェットはファブラボや学校、大学での使用するのに理想的な製品です。一般的なアプリケーション(応用範囲)としてはモデル製作やラピッドプロトタイピング、ボール紙でのプロトタイプ製作、エンジニアリング、布地のデザインなどが挙げられます。デザイナーから熱心なDIY製作者、プロのメーカーまで、多岐にわたる材料に加工が施せるレイジェットレーザーにより、無限の創造性を発揮することができるでしょう。


レイジェット レーザーではどのような材料の彫刻とカッティングができますか?

レイジェットは多彩な材料にレーザー加工を施すことができます。下記のテーブルでレーザーカッティングと彫刻に特によく使われる材料をご覧ください。- ガラス、木材(中質繊維板など)、プラスチック、レザー、金属、紙、発泡体、布地

全ての資料を見る


ラピッドプロトタイピング

レイジェットなら、プロトタイプ(ラピッドプロトタイピング)とサンプルの準備がわずか数分で可能です。シンプルなデザインやスケッチをレーザーで素早くカットして、ワークピースの完成形がイメージできるというわけです。 レイジェットでのプロトタイピングについてもっと知りたいですか?当社にお問い合わせください。

お問い合わせ

オフィスのプリンターと同じくらい簡単な使用感

レイジェットはオフィスで使うプリンターと同じように使用できます。普段使っているグラフィックプログラムから、テキストやグラフィックをレーザーに送信し、材料の種類を選択するだけで、レーザー彫刻プロセスが開始できます。これにより、未訓練のユーザーでもものの数分以内でレイジェットを使ってレーザーカッティングや彫刻が可能です。

製品すべてを見る


最小限の整備

レーザーカッティングとレーザーマーキングは完全に非接触の加工作業です。レーザー装置の機械部が摩耗しないため、耐用年数の非常に長いレーザー彫刻機となっています。定期的にフォーカスレンズの洗浄を行う以外の整備は不要です。

アップグレード全てを見る


お問い合わせ

レイジェットカッターに関して分からないことや質問があれば、お気軽にお問い合わせください。また、ご要望があれば、当社では皆様に合わせた個別の見積もりの準備も可能となっております。

価格見積もりサービス


用途の幅

レーザーで彫刻やカッティングが可能な材料

ページをシェア
お問い合わせ