ガラス

ガラスエッチング

ガラスにレーザー彫刻を施すことで洗練された贈り物や販売促進物の作成が可能です。レイジェットのガラス彫刻レーザーなら、ガラスにレタリングやロゴ、写真の彫刻が行えます。この種類の彫刻の一般的なアプリケーションとしては、グラスやボトルへの彫刻が挙げられます。もちろん、レイジェットはフロートガラスや工業用ガラスの彫刻にも適しています。

​※ガラスはレーザー加工機でカット(切断)できません。


レイジェット ガラス彫刻レーザーを使って、どのような彫刻ガラスが作成できますか?

レイジェットはビールジョッキやワイングラスのような中空ガラスに加え、フロートガラスの彫刻も可能です。これには自動車ガラスや鏡、安全ガラス、合わせガラスなどのガラスが含まれます。一般的には、金属の含有量が少ない材料がガラス彫刻に最適です。金属粒子を含むガラス部分は彫刻できません。例えば、鉛含有量の多いクリスタルガラスはレーザー彫刻には向いていません。

全ての資料を見る


材料の概要破損リスク無しのガラス彫刻

レーザーによるガラスエッチングは完全に非接触のプロセスです。機械彫刻と違って、ワークピースをクランプなどで固定する必要がありません。更に加工自体もガラスに圧力を加えないため、脆弱な円形のガラスの破損リスクを大幅に減少させます。

サンドブラストと比較して最大80%の時間節約

レイジェットでのガラス彫刻はテンプレートを必要としません。テキストや画像を直接ガラスに彫刻することができます。また、事前の準備も必要ありません。結果的に、サンドブラストによる彫刻と比較して最大80%もの時間を節約できます。この時間を使って次の作品に取り掛かることが可能です。

製品すべてを見る


ロータリーアタッチメント利用オプション

円筒形のガラスを彫刻する場合は、ロータリーアタッチメントの使用をおすすめします。これはレーザーソフトウェアに接続され、彫刻プロセス中にガラスを完璧なタイミングで回転させることで、精密で歪みのないガラス上のイメージの彫刻を実現します。ロータリーアタッチメントを含むレイジェットのアップグレードオプションの詳細はこちらからご覧ください。

アップグレード全てを見る



レイジェットレーザー彫刻機の仕組み

レイジェットはオフィスで使うプリンターと同じように使用できます。彫刻用のファイルを普段使っているグラフィックプログラムからレーザーに送信し、材料の種類を選択した時点で、レーザー彫刻プロセスが開始できます。レイジェットに関するより詳細な情報は、製品ページからご覧になれます。

製品概要


お問い合わせ

レイジェットカッターに関して分からないことや質問があれば、お気軽にお問い合わせください。また、ご要望があれば、当社では皆様に合わせた個別の見積もりの準備も可能となっております。

価格見積もりサービス


用途の幅

レーザーで彫刻やカッティングが可能な材料

ページをシェア
お問い合わせ