金属のレーザーマーキング

レイジェットレーザー加工機なら、レーザー用の金属マーキング剤を使用して、様々な種類の金属にロゴやイメージなどのマーキングができます。一般的な金属のアプリケーションとしては、販売促進物やトロフィー、宝飾などがあげられます。
レイジェットレーザーで金属彫刻

レイジェットレーザーではどの金属にマーキングができますか?

レーザーマーキングした金属
陽極酸化アルミニウムのような被膜金属にマーキングを行うことで興味深いコントラストを作り出すことができます。

レイジェットでの金属のマーキングの仕組み

金属製の宝飾品に彫刻
金属製の宝飾品に彫刻
レイジェットは基本的に金属の被膜を除去するのに適しています。例えば、陽極酸化アルミニウムの被膜をレーザーで除去することで、その下の金属が見えるようになります。

頑丈で摩耗に強い金属マーキング

彫刻を施した金属製の看板
彫刻を施した金属製のネームプレート
金属のレーザーマーキングはとても長持ちします。厳しい使用環境下でも、レーザーマーキングされた金属まらマーキング情報を正しく読むことができるでしょう。生産地、製造場所、製造元や製造年月日など、トラッキングを必要とする部品や工具のラベリングに対して、特に重要な要素となります。

最小限の整備

レイジェットレーザーで金属彫刻
レイジェットレーザーで金属彫刻
金属のレーザーマーキングは完全に非接触の加工作業です。装置の機械部が摩耗しないため、耐用年数の非常に長いレーザー彫刻機となっています。ただし、定期的にフォーカスレンズの洗浄は行ってください。

レイジェットレーザー加工機の仕組み

レイジェットレーザー彫刻機
レイジェットレーザー加工機
レイジェットはオフィスで使うプリンターと同じように使用できます。画像ファイルを普段使っているグラフィックプログラムからレーザーに送信し、材料の種類を選択した時点で、レーザー彫刻プロセスが開始できます。レイジェットレーザー彫刻機に関するより詳細な情報は、製品ページからご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせ
レイジェットを使っての金属マーキングやレーザー用の金属マーキング剤に関して分からないことや質問があれば、お気軽にお問い合わせください。また、ご要望があれば、当社では皆様に合わせた個別の見積もりの準備も可能となっております。