レザー彫刻とカッティング

レイジェットを使ってレザー製品にロゴやデザインを加える事で仕上げが行えます。レザーのレーザー彫刻およびカッティングの両方が可能です。レイジェットでのレザーを使った一般的なアプリケーションとしては、ブレスレットや革靴、ハンドバッグ、ブックカバーなどの彫刻が挙げられます。
レザー彫刻とカッティング

レイジェットレーザーではどの種類のレザーのカッティングができますか?

個別化された革の財布
レイジェットは天然皮革とスエード、キメの粗いレザーの彫刻に特に適しています。同じようにアルカンターラ(ウルトラスエード)のようなマイクロファイバー素材やレザーレット、ヌバックレザーの彫刻およびカッティングも問題なく行えます。

精密で、きれいに密閉された切断面

彫刻をフォンカバー
彫刻をフォンカバー
レイジェットを使ってのレーザーカッティングは極めて精密な切断面を作り出します。レーザー加工による彫刻が施されたレザーは擦り切れたように切断されることはありません。更に、切断面はレーザーの熱によってきれいに密閉されます。これは、特にレザレットの後処理の際に時間を節約してくれます。 レザー彫刻についてもっと知りたい場合は当社にお問い合わせください。

工具摩耗なしのレザー彫刻

革にロゴをレーザー彫刻
革にロゴをレーザー彫刻
レザーは頑丈なため、機械工具(プロッターの刃など)に酷い摩耗を引き起こすことがあります。しかし、レザーのレーザーエッチングは非接触のプロセスなため、工具が摩耗することなく、常に正確な彫刻を行うことができます。

レイジェットレーザー彫刻機の仕組み

レイジェットレーザー彫刻機
レイジェットレーザー彫刻機
レイジェットはオフィスで使うプリンターと同じように使用できます。画像ファイルを普段使っているグラフィックプログラムからレーザーに送信し、材料の種類を選択した時点で、レーザー彫刻プロセスが開始できます。レイジェットレーザー彫刻機に関するより詳細な情報は、製品ページからご覧ください。

お問い合わせ

お問い合わせ
レイジェットを使ってのレザー彫刻に関して分からないことや質問があれば、お気軽にお問い合わせください。また、ご要望があれば、当社では皆様に合わせた個別の見積もりの準備も可能となっております。